お尻の黒ずみに悩んでいる人に、おすすめできるクリームは?

お尻の肌の状態は普段、自分では見えないだけに気になりますよね?

肌トラブルは誰でも何かしら経験があり、悩んでしまうもの。綺麗なプルンとした肌で、キュッとしたお尻は男女問わず魅力的です。

黒ずみは何となく汚らしいというイメージ人を抱いてしまうかも?

お尻の黒ずみに気付いてショックを受ける人からお尻の肌トラブルを指摘されたり、黒ずみやサラつきを感じた時、「お尻の肌ケアは、どうしたらいいの?」と密かに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

友達と一緒に海やプールに行くこともあるだろうし、旅行先で温泉に入ったりする予定があったら、人には言いにくいけれど「こっそり自分で手軽にケアしたい」と思うでしょう?

お尻は下着や衣類による摩擦や刺激、座っている時の圧迫や汗蒸れなど、重複したダメージを抱えている場所でもあります。

そんなお尻の黒ずみに悩んでいる人に手軽にケアできる、おすすめのクリームがあるんです。

あなたも想像してみて。

自分の後ろ姿に自信を持って、思わず誰かに見せたくなってしまうようなお尻。

そんなお尻になれたら素敵じゃないですか?

お尻はどのような原因で黒ずんでしまう原因は何?

お尻の肌が黒ずんでしまう原因は、次の6つが挙げられます。

お尻への刺激、摩擦

黒ずみが出来てしまう原因は、主に2つ考えられます。それが刺激と摩擦です。お尻は重みが加わりやすい場所なので黒ずみが出来やすく次のような人は注意が必要です。

  • 普段から自転車を利用することが多い。
  • デスクワークが中心で座っている時間の方が多い。

ここだけの話

なぜ、肌が黒ずんでしまうのかと言うとお肌は刺激を受けると血液の流れが悪くなり、さらにリンパの流れも悪くなってしまうから。するとお肌自身がこれ以上ダメージを受けないように守ろうと働き始めます。このお肌を守ろうとする機能が働き始めると、メラニンの働きが活発になってしまうんです。

また体型も大きく関係していて、実は太っている人よりも痩せている人の方が黒ずみやすいんです。これは痩せている人のほうがお尻のお肉が少ないから。お尻のお肉が少ないと、その分圧力に弱くなってしまうんですね。

また日本人のお尻は外国人と比べて角質が薄い(外国人の3分の2ほど)ので摩擦などの影響も受けやすく、黒ずみやすいのです。

だからと言って黒ずみを解消しようとお尻のお肉を増やす。つまり太るというわけにもいきません。ですから出来るだけ原因を作らないようにすることです。

またスキニーデニムなどの締めつけ感のある衣類や下着は、なるべく避けるようにしましょう。

お尻の皮膚が摩擦や刺激を受け、メラニンの生成が活性化することで黒ずみを起こしてしまう原因になるからです。

肌が乾燥している

お尻は座っている時に汗蒸れを起こしやすいのですが、お尻の肌は乾燥しがち。

肌が乾燥した状態が続くとバリア機能が低下してしまうので、黒ずみやニキビができやすくなるのです。

また乾燥した肌は角質が厚くなってしまうので、よけいに肌がくすんで黒ずみが目立ってしまう原因になります。

乾燥肌はかゆみを感じやすく、かいてしまうと更に黒ずみを悪化させてしまうことも。

ですから角質ケアと保湿ケアをすることで、お尻の乾燥を防ぐことが大切です。

睡眠不足・睡眠の質の低下

就寝後3~4時間の間に、古い角質や老廃物の排出を促す成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは身体や脳を修復したり、筋肉や骨の細胞を増やしたりする働きがあるのです。

肌や髪のダメージの修復にも役立ち、肌のキメが整い髪にツヤが出てくるから、お尻の改善にも役立つというわけです。

さて、睡眠の質を高めるためにスマートフォンやパソコンを使うことを避けたり寝る前の食事を避け、ぬるめのお湯にゆっくり入るのも良いですね。

お気に入りのBGMを聴いたり、アロマテラピーなどで良質の睡眠を誘うのもおすすめですよ。

栄養が偏っている

肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促すには「ビタミンA・B・C・E」と「たんぱく質」の摂取が重要。

コンビニのお弁当やジャンクフードは控えめにして緑黄色野菜・果物・肉や魚類・大豆などの豆類・豆製品などを意識して摂るように心掛けましょう。

生理前後や、ホルモンバランスの乱れによるもの

生理前後や更年期障害によってホルモンバランスの乱れが生じ肌に影響を与えて、くすみや黒ずみを起こしていることも。

ホルモンバランスの乱れによる原因の場合は、一時的にお尻の黒ずみが目立ちますが、ホルモンバランスが正常に戻ると改善してきます。

お尻の洗い方が間違っている

お尻の汚れがきちんと洗い流せていなくて毛穴につまっていることで、黒ずみを起こしてしまう原因になっていることも。

また、ゴシゴシと強く洗い過ぎてしまうことで皮膚が刺激を受けて、メラニンの生成が活発になっている可能性もあります。

美尻を目指すなら保湿ケアが重要

お尻の黒ずみを病院で治療しようとすると、皮膚科や美容外科を受診することになりますが、お尻の黒ずみは病気ではないので基本的に保険適用外。

美容整形の分野の扱いになって治療費が全額、自己負担になってしまうケースが多いのです。

だったら、断然ホームケアの方が良いですよね?

「病院に行くほど深刻じゃないけど、気になる」という人が90%以上で、皮膚科で治療を受けなくてはならない人は、極わずか。

お尻の黒ずみやお尻の皮膚トラブルに悩まされている人は多いのに、専門的にケアするアイテムが少なかったのです。

お尻の黒ずみケアとして一番大切なことは、美白成分を含んでいる保湿クリームや美容液でケアすること。

肌は入浴後や年齢を重ねるごとに、潤いを保っているセラミドやヒアルロン酸を失って(減少して)しまいます。

だから皮膚のバリア機能を守るためにもセラミドやヒアルロン酸を含んでいる保湿クリームがおすすめできます。

そこで、おすすめなのがピーチローズというヒップケア専用の保湿クリームです。ピーチローズの写真

乾燥肌には角質ケアと保湿ケアが大切と前述しましたが、ピーチローズは厚生労働省の認可を受けた医薬部外品。

ピーチローズに含まれている薬用美白成分がメラニンの生成を抑えて、シミやソバカスの予防に役立ちます。

また従来のヒアルロン酸を浸透しやすいように、小さく小さくした超・低分子ヒアルロン酸を配合。

厚くなって浸透しにくい角質に、たった1gで6リットルもの高い保水力で潤いを補給してくれるのも大きなポイントです。

さらに肌の表面を高分子ヒアルロン酸がとどまって長時間、潤いを閉じ込めてくれるというダブル効果で乱れがちな肌環境に働きかけてくれます。

今ならお得なキャンペーンを実施中

ピーチローズをおすすめする理由

ピーチローズは、敏感肌の人が使っても大丈夫。

高濃度プラセンタと低刺激で美白効果があるアルブチンが優しく肌を整えて、メラニンを含む古い角質をケアしながら集中美白。

プラセンタは<胎盤>を表す英語です。

一般的には、哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスをプラセンタと呼んでいます。

母体と胎児をつないでいる胎盤は、命の源になる重要な器官。その胎盤に含まれているのが三大栄養素のアミノ酸やたんぱく質・脂質・糖質と、生理活性成分であるビタミン・ミネラル・核酸・酵素です。

さらに角質をつないで潤いを保ってくれる役割を果たすセラミドが、ニキビを予防しながら肌バリアを形成してくれるのです。

ピーチローズは無着色・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリーの無添加と、美容成分がオールインワンで含まれていて、ケアがとても簡単。朝晩の1日2回、塗るだけです。

手軽だけれど高品質だから、約1,500名のドクターが所属するスキンケア情報サイトであるスキンケア大学でピーチローズが紹介されるほど。

お尻以外にも、デコルテ・太もも・背中・二の腕・デリケートゾーンなど全身に使えるのも嬉しいポイントです。

電話やメールでの問い合わせにはデリケートな悩みだからこそ、女性スタッフが対応してくれるのも安心できますね。

ピーチローズを試してみたい人には回数に制限がない、無料カウンセリングが電話や無料で受けられるんですよ。

定期購入なら、さらにお得に!

毎月1本を届けてくれる定期コースが一番お得で、初めて注文をする場合は60日間の返金保証制度があるから、肌に合わなかった時にも安心のシステム。

3回目以降は、ずっと10%オフの5,695円。もしも、1ヶ月で使いきれなかったら2回目以降であれば、一時的にお休みすることも可能です。

発送の7日前であれば商品が届く日にちや周期は、いつでも変更可能。だから、自分の都合に合わせられるのも嬉しいですね。

ピーチローズは年代を問わず、隠れた肌トラブルに悩んでいる人から支持され、ピーチローズを実際に使用した人の90%以上が、高い評価をしています。(満足度92.1%)

ピーチローズは、定期コースで申し込むとさらにお得になるキャンペーンを実施中です。

  • 初回から43%オフ(2回目も)
  • 3回目以降は、さらにお得な50%オフ
  • 60日間返金保証付き
  • 送料無料

3回目以降ならいつでも休止が可能です。
つまり1個だけ買うより、定期コースで2個買った方がお得なんですよ。

今ならお得なキャンペーンを実施中

お尻の肌トラブルが気になったらピーチローズを試してみて

お尻の肌の状態は、自分では見えない部分であるだけに温泉やプールに入るときは、とっても気になるものです。

お尻は下着や、衣類の締めつけによる摩擦や刺激を受けやすい場所。

これはメラニンの生成を活性化してしまい、黒ずみの原因になります。

長時間、座っていることで血行不良になりがちなので、椅子にクッションを敷いたりするのがお薦めです。適度に立ち上がったり、前屈運動をするのも良いでしょう。

肌の乾燥やホルモンバランスの乱れも、肌が黒ずんでしまう原因になってしまいます。

身体の内側からのケアとして睡眠の質と、栄養バランスの摂れた食事を心掛けることも大切です。

肌の黒ずみを解消に導くためには、外側からの「美白ケア」・「角質ケア」・「保湿ケア」の3つが大切。

お尻の黒ずみや肌トラブルに気付いたら、ピーチローズを試してみては?

ピーチローズは厚生労働省の認可を受けた医薬部外品です。

高品質で低価格、朝晩2回塗るだけの簡単ケア。女性スタッフによる制限なしの無料カウンセリングもあり。デリケートな悩みだからこそ、女性が対応してくれるので安心です。

初めて注文をする場合は、もしも肌に合わなかった場合でも「60日間の返金保証制度」があり。

毎月1本を届けてくれる定期コースが一番お得で、おすすめですよ。

今ならお得なキャンペーンを実施中

参考文献


赤ら顔化粧品
アレルギーが原因の赤ら顔でお困りの女性におすすめの化粧品。お化粧をしたくても、すぐに顔に赤みが出るという人。いろいろ試してみたけど、肌に合わなかった人に使ってみて欲しい美容液です。

テキストのコピーはできません。